金のアクセサリーやジュエリーの買取について

普通、アクセサリーやジュエリーを買取してもらいたいという時、欠けてしまったり汚れてしまったり傷んでしまったりちぎれてしまったりしていると、買取不可となってしまい、どうにもできなくなってしまうものです。

でも、金のアクセサリーやジュエリーの場合は、ちぎれていても、傷んでいても、汚れていても、欠けていたとしても、買取をしてもらうことが可能です。

なぜなら、金は再度溶かして形を変え、新たなアクセサリーやジュエリーとなることが可能な貴金属だからです。

そのため、イニシャルが入ってしまっているペアリングなどでも、買取可能となります。

アクセサリーやジュエリーの金を買取してもらうという場合、買取価格は金のp>

つまり、24金が最も高価で、18金、14金となると、価格が下がっていくということになります。

この含有量は、金の買取専門店には計測器がおいてあるので、すぐに計ることができます。

金のアクセサリーやジュエリーの買取はどんなものでもしてもらいやすいということを聞くと気になるのが、最近はやりのカラーゴールドの場合ですね。

カラーゴールドとは、ホワイトゴールドやイエローゴールドなどの事です。

これらは18金に銅やパラジウムを混ぜて色を出してあるものなのですが、これらは、価値があるものとないものに分かれます。

表面だけコーティングして色を出しているという場合は、残念ながら、非常に低い買取価格となってしまうでしょう。

全体に他の貴金属を混ぜているという場合は、もう少し期待できそうです。

参考ページ⇒【知ってる?「金」の回収サイクル | 貴金属の知識/a>】